Amazonで
「d払い残高払い」を使うには?
設定の仕方まとめ

2020-10-08

ここでは、「d払い」にチャージしたお金を、Amazonでのお買い物で使う設定方法をまとめています。

Amazonでの「d払い」は「電話料金合算払い」扱いとなるため、ドコモユーザーのみ利用できます(※執筆時点)。

Amazonで「d払い残高払い」を利用する手順はこちら!

①「d払い」アプリで残高をチャージ
②Amazonの決済方法に「d払い」を追加する
③ドコモサイトで残高払いの利用設定をする
④Amazonでお買い物するとき「d払い」を指定する

こういった手順をふんでいくと、Amazonのお買い物で「d払い残高払い」を利用する事ができます。

早速見ていきましょう!

\項目をタップするとジャンプできます/

d払いアプリで残高チャージ

Amazonで「d払い」を使う前準備として、まずは「d払い」アプリからお買い物に使う残高を「チャージ」しておきましょう!

まずは「d払い」アプリから、残高をチャージします。

「d払い」のチャージには「d払い」アプリが必要なので、事前にダウンロードしておきましょう。

「d払い」アプリの「ウォレット」ページから、「チャージ」アイコンをタップして、チャージ方法を選び、残高に金額をチャージします。

あとは念のため、「d払い」アプリの支払い方法を「d払い残高払い」に設定しておきます。

「d払い」アプリの左上にある「三」アイコンをタップ。


©NTT DOCOMO,INC.

「設定」をタップ。

「お支払い方法」が「d払い残高からのお支払い」となっていれば、そのままでOK。


©NTT DOCOMO,INC.

別の決済方法になっている場合は、「お支払い方法」の項目をタップ。

決済方法の中から「d払い残高からのお支払い」をタップして、「次へ」をタップ。


©NTT DOCOMO,INC.

「お支払い方法」が「d払い残高からのお支払い」となっていれば、「d払い」アプリの設定は完了です。

Amazonでd払いを追加する

続いて、Amazonで決済方法を追加していきます!

Amazonで「d払い」を利用する場合は、決済方法に「d払い」を追加する必要があります。

Amazonへアクセスして、一番下までスクロール。「アカウントサービス」をタップします。


©Amazon.com

次に、「お客様の支払い方法」をタップ。


©Amazon.com

登録済みの決済方法などが出てくるので、下にスクロールして「お支払い方法を追加」をタップします。


©Amazon.com

色んな支払い方法が出てくるので、「携帯決済」をタップ。


©Amazon.com

携帯電話会社は「docomo d払い」を、アカウントタイプは「個人用」を選択して「続行」をタップ。

すると認証画面になるので、ネットワーク暗証番号やSPモードパスワードで認証すれば完了です!

これでAmazonの決済方法に「docomo(d払い)」が追加されました。

残高払いの利用設定をする

続いて最重要!! 「d払い残高の利用設定」をしていきます。

ここを飛ばすと「残高払い」にできないので、しっかり設定していきましょう!

まずは、ドコモのd払い公式ページにアクセス!

「Amazonでのd払いご利用方法」の項目から、「dポイント/d払い残高のご利用方法」の項目をタップして開き、内容を確認。

スクロールしていくと途中で出てくる「利用設定はこちら」をタップします。

ネットワーク暗証番号(またはdアカウント)でのログイン画面になるので、ネットワーク暗証番号(またはdアカウントのパスワード)を入力して、「暗証番号確認」(または「次へ」)をタップ。

dポイント・d払い残高の利用設定ページ(充当方法の設定画面)になるので、下へスクロールして「d払い残高をすべて利用する」項目を選択(タップ)して、「内容を登録する」をタップ。


©NTT DOCOMO,INC.

「利用設定完了」と出れば、設定作業は完了。


©NTT DOCOMO,INC.

ここで「閉じる」ボタンを押すと、自動で利用明細ページとなり、「電話料金合算払い」の限度額設定などができます。

Amazonで「d払い(残高払い)」を使いたいけど、間違って「電話料金合算払い」になったらどうしよう……、と心配な時は、ここで「電話料金合算払い」の限度額を「0円」に設定しておくと安心です。

Amazonでお買い物時に
d払いを指定する

あとはAmazonでお買い物をする時に、決済方法に「d払い」を選択すればOKです。

Amazonで買いたいものをカートに入れて、いつものようにレジへ行きます。

「注文を確定」する前に、下へスクロールして「支払い情報」という項目の「支払い方法」をタップ。

登録済みの決済方法の中から「docomo d払い(個人用)」を選択して「続行」。


©Amazon.com

あとは「注文を確定する」をタップで完了!

あとは、Amazonでの準備が整い次第、「d払い」の残高から支払いが完了します。

Amazonからの確認メールでは、支払い方法は「携帯決済」に。

docomoの確認メールでは、支払い内訳は「電話料金合算払い」になっていますが、きちんと「d払い」の残高から引き落としされます。

「d払い」アプリからは「ウォレット」ページの「ご利用履歴」アイコンから、「d払い」のお買い物の履歴を確認する事ができます。

Amazonでもd払い!まとめ

Amazonでの「d払い」残高払いをまとめると!

①d払いアプリで残高をチャージ
②Amazonで「docomo d払い」を追加
③ドコモサイトで残高払いの利用設定

という手順をふんでいき、Amazonでお買い物するとき「docomo d払い」を指定すると、Amazonでも「d払い」残高払いを活用できます。

特に重要なのは③残高払いの利用設定

ここがちゃんと設定できていないと、デフォルトの電話料金合算払いになってしまうので気をつけましょう!

以前は、Amazonで「d払い」を使う度に認証画面に飛んでいましたが、現在は最初に「d払い」決済を追加する時だけ認証する仕様となりました。

Amazonで「d払い」にすると、Amazonのポイントとdポイントを両方取りできるので、コンビニでギフト券を買って使うよりも、ちょっぴりお得♪

ちょっとした節約術として活用しつつ、「d払い」でお得なお買い物を楽しみましょう!