【A3!攻略】
公演ユニットの組み方は?
3つのポイント

2021-03-19

©Liber Entertainment Inc.

「A3!」で特にイベントの要となる「公演ユニット」。

少しでも強力な「公演ユニット」を組みたい時は、「主演スキル」「リンクスキル」「組効果」といった、公演を有利にしてくれる効果を活用してみましょう。

カードレベルを上げる、特訓をする事ももちろん大切ですが、こういったポイントを押さえておけば、その効果もより効果的になります。

ここでは、A3!で「公演ユニット」を組む時に押さえておきたい、3つのポイントをまとめてみました。

\項目をタップするとジャンプできます/

公演ユニットのポイント1
主演スキル

主演スキルは、公演ユニットで主演(真ん中)にセットしたカードのみが発動できるスキルです。


©Liber Entertainment Inc.

主演にセットすると、公演(おでかけACT)で自動的に発動します。

主演スキルレベルが高いほど効果も高いので、よく主演に使う劇団員カードは、積極的に主演スキルレベルを上げておくと効果的です。

公演ユニットのポイント2
リンクスキル

リンクスキルは、公演ユニットで特定の劇団員を揃えると発動するスキルです。


©Liber Entertainment Inc.

リンクスキルを発動させると、ユニット全体のパラメーターが一定割合、上昇します。

リンクスキルは2人~6人で発動するものまであり、複数のリンクスキルを発動させて、ユニットをパワーアップさせる事ができます。

特に効率的にイベント攻略する場合は、しっかり押さえておきたいポイント!

イベントでは限定スカウトで登場する「旬キャラ」に合わせたリンクスキルで公演ユニットを組むと、SP回復のために使うダイヤを節約できる事もあります。

公演ユニットのポイント3
組効果

こちらは、公演仕様の、ちょっとしたワンポイント。

公演ではメイン・イベントともに、その公演にちなんだ劇団員が登場しますよね。

ここでは、公演時に登場する劇団員を「公演相手」と呼んでみます。

公演では、「公演相手」と同じ組の劇団員を「公演ユニット」にセットして挑むと、公演ポイントがUPします。

たとえば「公演相手」が春組に所属するキャラだと、春組である「咲也・真澄・綴・至・シトロン・千景」を公演ユニットに入れると、公演ポイントがアップ。

試しに春組だけで組んだユニットを秋組公演で使うと、公演ポイントは「37212P」。


©Liber Entertainment Inc.

全く同じユニットを春組公演で使うと、公演ポイントは「40739P」。「3527P」アップしています。


©Liber Entertainment Inc.

稽古では「稽古相手」と同じ組の劇団員がいると「テンション」が上がりますが、公演では公演ポイントが上がるんですね。

正式名称は分からないので、ここでは「組効果」と呼んでいます。

リンクスキルの方が「組効果」よりも効果が高いですが、同程度の2つのリンクスキルが組める時は、同組の劇団員が多い方が有利になる、という事ですね。

「組効果」はメイン公演や、イベントでの公演・ACTで効果を発揮します。

エチュードイベントの「エチュードバトル」などでは発生しません。

A3!公演ユニットの組み方と注目ポイントまとめ

「A3!」で公演ユニットを組む時は、「主演スキル」「リンクスキル」「組効果」といった3つの効果に注目してみましょう。

特に「リンクスキル」は、単にレアリティの高いカードでユニットを組むよりも高い効果を生むことがあるので、かなり強力です。

ユニットを組み替える手間はありますが、特にイベントを頑張りたい時は、「旬キャラ」を活かしたリンクスキルをチェックしてみるのをおすすめ!

ふだんあまりスカウトをしない、イベントごとにユニットを組み替えるのが面倒な時は、各属性ごとに「5人で最強デッキ」を組んでおき、使いまわしてしまうのも、1つの方法です。

また、公演ユニットに入っていないカードでも、「サポートメンバー」として属性値の高い順に自動的に10枚が選出されて、その合計属性値の30%が公演ポイントに加算されます。


©Liber Entertainment Inc.

育成は公演ユニットに入れているカード優先ですが、他のSSRカードも、余裕があれば少し育てておくといいかも知れません。